コンセプト

少子高齢化や過疎化が日本の大きな課題となっている現在、島においてそれらの問題はより顕著で切実な問題として立ち上がってきています。 生活を維持していくこと、そしてサステナブルな仕組みを作っていくことが喫緊の課題としてそれぞれのコミュニティに抱えられている中で、ビオアイランドネットワークはその一助となるべく以下のポイントを意識して活動を行っていきます。

ビオアイランドネットワークの考え方

(1)島固有の文化の継承
島では自給自足を基本とした文化が発達し、島民一人一人の多彩な能力によって毎日の仕事がこなされ、また今日においても「物々交換」の仕組みが浸透している。
このような都市とは異なる独特な時間や経済の流れは、都市に根付く貨幣経済では見落とされがちな相互扶助の仕組みとして息づいている。

(2)持続可能な島の環境と経済
島の経済は、市場の厳しい産地間競争に巻き込まれ、過剰な乱獲などで自然破壊が進行しているところもある。また高齢化や過疎化が進み産業従事者の減少という前提もある。
こうした島の実情も踏まえ、またそれまでの島の文化を尊重しつつ、経済的にも環境的にも持続可能となる島のあり方を構築することが求められている。

(3)島の担い手のネットワーク
島で固有の課題に取り組む担い手にとって、彼らが情報交換できる機会は未だ乏しい。
島の課題にチャレンジしている島の担い手と、他の島で同じように活動する担い手との相互交流や、島外の識者との意見交換など島を舞台に活躍する人々が交流する場を促進させることが必要である。

ビオアイランドネットワークの運営方針(案)

(1)島人ネットワーク(情報ネットワーク、活動データーベース)
 島のまちづくりを島の中だけでやるのではなく、他の島や島の外の団体と情報を共有し、活動することのできる仕組みを作る。また類似した課題を抱えている島や、活動の担い手、そして担い手を求めている島を結ぶことで新しい島のまちづくりを実現させる。

(2)島外にも島風おこせ(島間交流イベント・シンポジウム)
情報だけではない、身近な関係としての交流イベントを企画し担い手や活動団体等に参加していただくことで、現実的な動きを活発化させてゆくことの支援をする。

(3)島のおすそわけショップ(島オンラインショップ)
島と一言で言っても北から南までさまざまな気候や風土、魅力がある。その魅力が地図のように一目見て伝えることができれば、それは島という地域としての幅の広さや、豊かさとしても表すことができるのではないだろうか。このようなバラエティーに富んだ島全体としてできるブランドのアピールをする。

ビオアイランドネットワークの組織イメージ